2016年03月22日

佐藤和雄個展

ご報告遅くなりましたが、昨日からkazuoの個展が始まっております。

*2016-3-21-26CDはがき.jpg
今回は、カトリーヌ・ドヌーブ主演の「ロバの皮」というフランス映画をモチーフに、そこから気になる画面を描きおこしております。

簡単にストーリーをお話しすると、
ある国の王様が、とても愛していたお妃様を病気で亡くします。その遺言として、もし再婚するならば、私より美しく、ブロンドの髪の女性を選んでほしいと言い残します。でも、どこを探してもそんな相手は見つかりません。ただひとりいたのがお妃様にそっくりな自分の娘でした。王様はこともあろうに自分の娘と結婚すると言い出します。娘は悩み、リラの精に相談します。そして王様に無理難題を突きつけます。それは毎朝金や宝石の糞をして王国の財産を作っている不思議なロバの皮がほしいというものでした。
そんな大事なロバを殺すはずがないと思ったのですが、王様はすぐさまそのロバを殺して娘にその皮を与えます。
月や太陽のドレスと宝石、リラの精からもらった魔法の杖を持ち、娘はそのロバの皮を身にまとって隣の国に逃げ出します。
そして田舎家で下女として働き、お菓子を作ります。お菓子はあまりの美味しさに大評判になり王子様の耳にも入ります。いつもロバの皮を被って過ごしていた娘はある日誘惑に負けて太陽のドレスをまといます。その姿をお菓子を買いに来た王子様が見かけて一目惚れ。恋煩いで寝込んでしまった王子様の病を治すには王子様が食べたお菓子の中から見つかった指輪がぴったりの娘を探すしかない!そしてロバの皮を被った娘にたどり着きめでたしめでたし。娘に結婚を迫った王様はどうしたかというと、リラの精と結ばれてこちらもハッピーエンド。というシャルル・ペローの童話を元にしたものです。
亡くなる女王様と娘、ロバを被った娘をカトリーヌ・ドヌーブが演じています。
1970年の映画なので、ドヌーブは27才。輝くばかりの美しさです。

そんなドヌーブをkazuoはパステルで柔らかく、そしてとても美しく表現しています。
ぜひ多くの方に見ていただきたいおすすめの作品展です。
どうぞ足をお運びくださいませ。お待ちしております。




*donu-bu.jpg


「Catherine Deneuve /Peau d'Ane」カトリーヌ・ドヌーブ「ロバの皮」
佐藤和雄展
2016-3-21(月)〜26(土)
11:00〜18:00
(初日12:00から、最終日17:00まで)

ギャルリーソレイユ
〒104-0031 東京都中央区京橋2-8-2
tel 03-3567-6827


posted by Cara at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年03月01日

「ねこ展」無事終了しました!

ちょっと時間経っちゃいましたけど、ご報告です。(^−^)

*IMG_2361.jpg


「ねこ展」無事終了しました!

たくさんのお客様にいらしていただき、盛況のうち無事終了いたしました。

みなさまどうもありがとうございました。

それでは、作品のご紹介を!



小川めぐみさん

エッチングの作品です。

*IMG_2347.jpg

いらしたお客様がこの絵のラインスタンプ欲しいわ〜、売らないのかしらとおっしゃっていました。

後日、小川さんに尋ねたら、もうしっかり販売しているそうです。

私はラインはやっていないのでどうやって買うのかわかりませんが、ご興味のある方は探してみてくださ〜い。

*IMG_2916.jpg

そして、この王冠とプルトップのにゃんこも人気でしたよ。

今時王冠も少なくなりましたよね〜。貴重な作品です。




勝見ケイさん

*IMG_2374.jpg

「ネコネクション」シリーズの一枚です。不思議な建物に目が行きますが、所々にいるなんとも表情豊かなにゃんこ達をじっくり観察するのも楽しかったです。

ミュージシャンでもある勝見さんですが、視点がいつもユニークです。




川井眞理子さん

*IMG_2338.jpg

今回は「猫道」シリーズで参加してくれました。招き猫の後ろ姿っていう独特の視点が素晴らしいです。

コレクターの方が気に入られてご購入されていきました。

おおらかさが魅力のまりりんです。




児玉八千穂さん

日本画家の児玉さん、今回は日本画を2点、水彩画を4点出品してくださいました。

その水彩画の4点は、なんとも表情が愛らしくて、おもしろい。こちらがそのうちの2点。

*IMG_2345.jpg大満足

*IMG_2343.jpgおこりんぼう

どの子もとっても人気者でした。




谷口玲子さん

*IMG_2352.jpg

陶芸家の谷口さんは土鈴のようなにゃんこをたくさん作ってきてくれました。

最近はガラスを使った抽象的な作品にも挑戦中。

これらはきっと猫の目なんでしょうね。




T・マイヤさん

*IMG_2379.jpg

仙台のおばあちゃんのところで見た青いだるまがインスピレーションの元だそうです。

青いだるまですよ!青い!

見たことないですね、そんなものが存在することすら全く知りませんでした。

漁師さんの守り神、大漁を祈願して神棚に飾るのだそうです。

写真を見せてもらったら、波模様と宝船が描いてあって、眉は太くきりりと真っ黒、顔は日焼けしていて赤いんですよ〜!

おもしろ〜い、欲しいですこれ!ぜひともうちにも飾りたいものです。

あっ、話それましたがそれを元にイメージを膨らませて作られたのがこちらのだるま絵図たちです。

フォルムは左は福島県三春町のだるまの形、右は福島市のだそうです。真ん中は仙台ね。

色も綺麗でテクスチャーもとっても面白く、マイヤちゃんの想像力は本当にすごいです!!




佐藤和雄

*IMG_2334.jpg

フランス女優と猫シリーズからの一枚。

50年位前のミレーヌ・ドモンジョ嬢だそうです。

みにいらしたお客様の一言、「女の人が本当に好きなのね〜。」

思わず笑っちゃいました。

確かに、こんなに魅力的に女性が描ける絵描きは日本ではあまりいないかもしれませんね。

人物描き、佐藤和雄の面目躍如ですね。




佐藤理恵

*IMG_2342.jpg

「三毛龍と白虎」です。

ルナが龍でぴーちゃんがトラです。

140X70の和紙に木炭とパステルで描きました。

迫力出たかなあ。



*IMG_2391.jpg

最終日の打ち上げもたいそうな盛り上がりでした。

みなさま本当にお疲れ様でした。


おまけ

ようやく屋上に太陽が戻ってまいりました。

我が家の日蝕は長いのですよ〜。^_^; 

4ヶ月ぶりの再会です。

ルナちゃんも大満足で〜す!(=^_^=)

*IMG_2326.jpg




posted by Cara at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アート